今日は免許を取りに行くので、若干早く起き、前日に準備した必要な書類が入ったバッグを持ってすぐに出かけた。
 
朝のダウンタウンは変な人が多く曇っていたこともあり暗くて、バスを待つのが少し嫌だった。違法じゃないのかもしれないけどライターでなにか炙って吸ってる人や、タバコのようなものを歩いている人に売ろうとしてる人なんかがいた。
 
免許センターまではバスで1時間ちょっとかかった。途中バス停が全然ない区間があって、そこをバスが走るときはかなりスピードを出していたのが面白かった。混むことがなく立っている人がいないからかもしれないけれど、すこしでもブレーキが掛かったら転んでしまうんじゃないかと思うぐらいには早かった。
 
免許センターでは窓口の人の英語が聞き取りにくかったし、また言葉の調子とかも強くて少し大変だったが、無事に免許を発行してもらうことができた。免許センターの予約も、身長体重や目の色などの情報の登録も事前にオンラインで行っていたからか、手続きはスムーズに進んで結局20分ほどで免許を取ることができた。印刷された正式な免許証が来るまでの仮の免許をもらった。2週間後に正式な免許が届くらしいのでそれが楽しみだ。
 
免許センターの隣のちょっとしたショッピングモールみたいなところに行った。
Ross Dress For Lessという、中の商品はすべて20%~60%割引されているというお店に行った。アンダーアーマーのスウェットとかが$21とかで売っていて、見るだけですごく楽しかった。アメリカは家でサンダルを履くからか、サンダルが日本より多く売ってるように感じた。運動とかウォーキング用の靴を買いたかったのだが、相場とか何もわからないので値段をメモしたあと、とりあえずスポーツショップにも行ってみることにした。
スポーツショップ入り口の左側に、モデルガンが大量に吊るされていて怖かった。スポーツショップの靴も全体的に安かったが$36~68とかだった。Ross Dress For Lessでは、$22~46ぐらいだったので、そっちで買うことにした。
アメリカの単位がインチなので、靴のサイズも0.5インチ刻みで棚に並べてあった。1インチ2.54cmで、僕の靴のサイズが幅広のため26~27cmなので、10~10.5インチかと思ったのだが、大きすぎた。家に帰ったあと、日本から持ってきた靴の、タグを確認したら、9~9.5インチだった。アメリカの表記は、日本と比べると若干小さい数字になっているのかも知れない。
唯一wideと書いたタグがくっついている幅広の靴があり、8.5インチで小さいかと思ったが、履いてみたらぴったりだったので買うことにした。
バスの乗換え地点が日本食材スーパのあるエリアだったので、そこに寄ることにした。Ross Dress For Lessの買い物を終え、そのエリア行きのバスに乗るとき、大量にカートにモノを乗せた人が走ってきて、バスに荷物を投げ込んだあと、カートを歩道の奥の茂みまで蹴り飛ばしていたことが衝撃だった。
 
エリアの名前がChinatown-International Districtという名前の通り、中華のお店がが多かった。お昼の、Yelpの評価が高かった、お店のワンタンラーメンが美味しくなかった。
ダイソーがあるようだったので、行くことにした。$1のものも多かったが、もっと高いものも多く、コアラのマーチが$1.5、ポッキーが$2.25だった。結局値段がバカらしくて何も買わなかった。安い食器とか、日本で売ってる車の消臭剤とかは安かったので、そういうものを買いに来るにはいいかもしれない。
日本食材スーパである宇和島屋に行った。レトルトの商品とか、カップラーメンは割高で、あまり買う気はしなかったが、醤油などの調味料はそんなに高くなかったので、ホームステイをやめて1人暮らしを始めたら、買って揃えたいと思う。少し割高だが、いいデザインのお茶碗とか、丼の皿とか買えそうだったのはよかった。
 
notion image
紀伊國屋書店があるのはすごく嬉しかった。日本で400円のジャンプの漫画が$7。650円の文庫本が$11だった。割高だがアマゾンよりは安いと思うので、好きな小説家の作品が出たら、それだけは紙で読みたいと思う。
明日はついに学校が始まるので、夜は英語の例文集を読むことにした。とても楽しみだが、少し不安でもあるので、使えそうな文章を用意したりしておく。