目的
テーブルコンペにちゃんと取り組むのは初めてなので、どういうことをやればいいか知りたくて読んだ。
著者のpodcastを聴いてたので、まずはこの本から読むことにした。
 
内容
LightGBMでLgbm.feature_importance()という関数で、特徴量の重要度が取れるのは便利そう。
 
紹介されてた「Kaggle Grandmasterに学ぶ 機械学習 実践アプローチ」は英語版を読もうとして挫折したが、翻訳版が2021年に出てたみたいなので英語版を読んでわからなかったところを確認するために買ってもいいかもしれない。
 
 
感想
Trust CVという格言について「信じられるのは適当に作られたCVではなくよく考えて作られたCV」ということを知れたのはとても良かった。LB vs CV scoreというディスカッションボードはたいていどのコンペでも見かけるので、そこに書いてある議論を参考にCVを作るということは実践してみたい。
 
本編はもちろん良かったが、寄稿された体験談がかなり参考になった。CVをうまく作れなかったコンペのことや、初心者がタイタニックから次のステップにどうやって進んだかなどの体験談はとても参考になった。