コンサル一年目が学ぶこと
新人からベテランまで今日から使える、外資系コンサル出身者が必ず身に付けているベーシックスキルを30個に厳選! 本書は、コンサルタンティング会社に勤める人のためだけの本ではありません。職業・業界を問わず、 15年後にも役立つ普遍的なスキルを、社会人一年目で学んだときの基礎的なレベルから理解するための本です。 では、なぜ「コンサル一年目が学ぶこと」というタイトルにしたのか。外資系のコンサルティング会社の出身者には、業界や職種を問わず、さまざまな場所で活躍する人が多くいます。ということは、彼ら、彼女らが、コンサルタント時代に学んだことのなかに、業界、職種を問わず、ひろく活躍できる、普遍的な仕事力が含まれていたという仮説が成り立ちます。 本書では、わたし自身の経験に加え、各界で活躍する元コンサルタントの方に取材し、その仕事術のうち今日から使えるスキルを、30個に厳選しました。 【目次】 第1章 コンサル流話す技術 01 結論から話す 02 Talk Straight 端的に話す 03 数字というファクトで語る etc 第2章 コンサル流思考術 10 「考え方を考える」という考え方 11 ロジックツリーを使いこなす 12 雲雨傘 提案の基本 etc 第3章 コンサル流デスクワーク術 16 文書作成の基本、議事録書きをマスターする 17 最強パワポ資料作成術 18 エクセル、パワーポイントは、作成スピードが勝負 etc 第4章 コンサル流ビジネスマインド 23 ヴァリューを出す 24 喋らないなら会議に出るな 25 「時間はお金」と認識する etc
コンサル一年目が学ぶこと
目的
コンサルってめっちゃかっこいいなと思っていたので、どういうことを学ぶのか興味を持った。
 
内容
  • 結論から話す。
  • PREP Point 結論 Reason 理由 Example 具体例 Point 結論
  • 何か質問されたら、言い訳から話すのではなく、端的にはいかいいえで答える。
  • できないときはできる方法を提案
  • 一方が得をして、一方が損をするものをゼロサムゲームという
  • 海外の人と仕事をする時は、文化のような差が生じる高度なコミュニケーションをしない。文脈が低いという意味で、「ローコンテクスト」といってハリウッド映画とかがこれに含まれる。
  • 論理的に説明するコツは何も知らない人に説明するつもりで考えて、筋が通っているか確認する。
  • プレゼンの時は、相手が資料を捲るスピードから理解度を判断する。
 
感想
質問にはいかいいえ、本文ではTalk Straightと書いてあったが、英語で話すときも重要だと思う。自分は結構色々言い訳言ってしまいがちなので気をつける。
ローコンテストというという言葉を知れたのがよかった。アメリカにいるのだから他国の文化を理解したいと思うが、授業でちょっと話すときは意識してローコンテクストな会話をした方がいいかも。