目的
科学的な根拠に基づいた、どんなことを意識すれば 日々生きる上でうまくいくか、ということを知りたいので読んだ。
 
内容
本に書いてあることを実践することが大切。目次の写真を撮り、よく見返すようにする。
 
相手がとても怒っているときは、単純接触効果を使い、三回にわけて謝罪。メールで謝罪して、電話で謝罪して、最後に対面で謝罪簡単な質問をして、答えさせてから頼み事をする。
 
口論のときは、「イエスバット法」を使う。最初に相手の反論に全てイエスで答え、その後にこちらの主張をする。主張をまげ、伝え方を変える。
 
陰口を言われるということは、相手が自分のことを脅威だと感じていることが多い。嫉妬という感情がある場合が多いので、喜んでいい。
 
情報が入ってくるときに、アイデアが生まれる。映画を見るときなどもメモをすると良い。
 
プライベートなツイートはつぶやかないとフォロワーが増える。個人的なことは他人にとってあまり関心はないので、自分が一般人より詳しくなってる情報を使って有益なツイートを書く。また、ニーズのある時間帯に、ニーズに合った内容をつぶやく。
 
気になった本は、レビューを気にせず買う。
 
睡眠の記録を取ると、早起きができるようになる。アプリなどで記録して、レム睡眠とノンレム睡眠のサイクルを測る。目標を公言する。
 
見え見えの世辞でも、肯定的な言葉だけを言い続け、最後まで褒めれば、相手は喜んでくれる可能性が高い。
 
 
感想
目次を見るだけで、内容が予想できるので、とても便利な本だと思った。気になったり、詳しく知りたいところだけ読むのでもだいぶためになる。はじめににも書いてあったように、目次の写真をよく見返すようにしたい。