目的
メディアなど特にネットニュースや個人のツイートなどで、故意に騙したり誤解させたりするように統計結果を使われる機会が多いと感じ、そういうのに騙されないように、騙す方法を読みたいと思った。
 
 
内容
アンケート結果などで、どのようにサンプリングされているか、考えることが重要。また、質問者によっても、結果がかなり変わることがある。
たくさんの読者を騙そうとしている統計の使われ方の例が書かれていて面白かった。例えば、「朝運転するより、夜運転するほうが危険、なぜなら死者が4倍もいるから」と書かれていても、夜のほうが4倍以上車が走っている可能性があるので何も意味のない統計の使われ方がされている、など。
 
 
感想
タイトルが面白そうすぎて、ブックオフで中身も見ずに買うことに決めた。